2B90BDE7-5E02-4DC5-BAE4-1EF37FDFF781


こんにちは。
代表カウンセラーの工藤です。

ネット婚活応用編では、カップリングしてから実際に会うまでの行動をお伝えしていきます。


①どのように連絡を取り合っていけば良いのか?

カップリングしたからといって、すぐに意気投合する場合と、連絡が途絶えてしまう場合とがあります。
それは相性によるものと、お互いの連絡が定期的に続かなかったという理由が上げられるかと思います。

コンスタントに連絡を取り合っていけるな!と感じたら、相手からの連絡をただ待ってるだけでは中々進展しません。

あまり重くなく、しつこくない程度にコンスタントに!とはいっても、どのくらいのペースで行って行けば良いのか…この第一段階で悩まれる方は少なくありません。

しかも、会って顔を見てお話していないので、ネット婚活ではこのやり取りのペースが合うとか話の内容が楽しい・合うとか、その辺が次に繋がる最も重要な要素になります。
男性も女性も、写真の顔を思い浮かべながら、このやり取りに胸を弾ませて、会える日を楽しみにしているはずです。
それには、やり取りの中で少し工夫が必要になってきます。

☆あなたがもしコンスタントに連絡を取りたい人の場合、正反対の人とは合わないですよね?
それを見極める為にも、毎日挨拶を自らしてみましょう。
(連絡は少しでいいという人の場合は、無理に合わせなくて良いです。後々、最初と違う!とモメる原因になるからです。本来の自分で勝負しましょう。)

メールでは、挨拶、世間話、聞きたいこと…など、分けて送ってみると良いかもしれません。
自動的に回数が増えます。
少ないわけでもなく、多いわけでもない回数は1日3回程度です。
全ての人が嫌な思いのしにくい回数と言われています。
最初からその回数が習慣化される事で、当たり前かのように定期的に連絡し合えるようになるでしょう。
*ただし、それはお互いの気持ちが一緒の場合だけです!
自分だけの気持ちで無理に習慣化させようとするのは迷惑なだけですので、相手の気持ちを考慮しましょう。


☆「?」クエスチョンマークで終わる質問の仕方を数回に1回程度取り入れる

相手に興味があったら自然にいろいろな質問をしているはず!
やり取りの中で、文章の始めや真ん中に入れるよりも、最後に「?」を入れると相手も印象に残りやすく、「?」に対して自然に返信してくれるでしょう。
これにより、相手が自分を思い出してメールしてくれやすくなります。
ただし、毎回質問だらけだと返信するのに疲れてしまうので、臨機応変に質問してみてください。
「?」は、自分の事に興味を持ってくれてるのかな?と嬉しく思います。
喜んで答えてくれるでしょう。


☆共通点があるかどうか?相手の価値観は?

共通点が多ければ多いほど、話が盛り上がるものです。
趣味や嗜好はもちろん、笑いのツボや間合いが似てるなど、「なんとなく居心地が良い」と感じたら、「もっと知りたい」になってくるはず。
そして、そう感じたら次の段階、「根本的に合っているかどうか」に自然と進んでいくのです。

基礎編①でもお伝えした通り、同じような価値観や思想の人かどうか…
それを知るのは深い話をしてみないとわかりません。
これは、会わなくても実はわかります。
自分の伝えたい話をした時に、どのような言葉が返ってくるかで判断出来ます。
合わせている言葉なのか、本当にそう思っているのか、気持ちって伝わってくると思います。
これも「?」を上手く取り入れながら探っていきましょう。
もちろん、口下手な方もいらっしゃるので、その場合はすぐに答えを求めず、急がすに徐々にという気持ちで接していくのがおススメです。


会うまでの期間もとても大切です。
会っていないからこそ見えるもの、楽しみもあるはずです。
その間、自分自身の事も見つめていきましょう。

次回、応用編②
「会うまでにやっておきたいこと」に進みます。

いつもありがとうございます。
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<web>http://vc-room.jp/
<mail>info@vc-room.jp