2020年02月

もうダメだ。
辛い。
苦しい。
逃げたい。
いなくなりたい。

そんな事を思う時は、決まっていくつか問題が起きている時なんです。
一つじゃない、二つでもない。
三つ以上のストレス源がある。
新たに問題が起きると、もうお手上げです。

例えば、
1.彼が心配ばかりさせる、不安。
2.だから喧嘩が多い、悲しい。
3.仕事で相当疲れている、体調が思わしくない。

という前提があるとします。
そして…

4.会社の上司にいつも怒られる

もうここでかなりのストレスです。

5.誰かに裏切られた

涙が溢れます。

6.人がぶつかってきて睨まれた

はい…ここでもう心は崩壊です。
普段一生懸命我慢して、なんとか堰き止めていた防壁が、6.で一気に崩れます。
普段なら、何あの人?で済む事が、もう私はいない方がいいんじゃないか…になります。
ぶつかってきただけで。
ほんの些細な事だと人は言うけれど…。
皆んな、分かってくれない。
自分は一人ぼっちだ…


とても辛いですよね。
でも、ここからどうにかして這い上がらなければならない。
辛いままだと、ずっと辛い状態が続く。


そんな時、反対の事を考えてみましょう。
最初から辿って整理していきます。

1.彼が私にしてくれている事に注目してみます。
デザートを買ってきてくれたとか、重いものを持ってくれたとか、何でも良いです。
そして、感謝します。
やってくれていない事ではなくて、やってくれている事に注目します。

2.すると、自動的に喧嘩が減っていきます

ここで心がだいぶ違います。

3.仕事をしている自分って素敵!

褒めてみた^_^

4.その上司の求めている事はなんなのだろう?
何故そのように言ってくるのだろう?
何故私ばかり怒られるのだろう。
怒られない為にはどうすれば良いのだろうか。

答えは必ずあります。
観察すると見えなかったものが見えてくる。

5.裏切りは辛いけど、人生の勉強だ!

いつの間にかポジティブに!?

6.ぶつかってきた人もいろいろあるのかも…

もう神やら仏。


こう変換する癖を付けてみましょう。
もし出来ない場合は、マイナスの方向に考える癖が付いてしまっているかも知れません。

例えば、太らない為に日頃から定期的にダイエットしている方はコツを掴んでいます。
そもそも太らない事が重要なんですよね。
通常ダイエットとは、「太った状態から痩せる」為の行為ではなく、体型を管理することを言います。
心も同じです。
マイナスの方向に行くような考え方に飲み込まれないように、日頃から変換する癖を付けていく事が重要です。
いつも、いつでもダメージを受けない強い心を作っていきましょう!


<ご自分では上手くいかない場合>
頭ではなく、心で納得するには…感覚を使って行うワークが最適です。

いつもありがとうございます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私は生まれてから33年間、幸せというものがわからなかった。
幸せが何かを知れて9年になります。
ありとあらゆる事を経験し、その経験を活かしてカウンセリングを行なっています。
経験に勝るものはない。
経験が全てです。
誰にも相談出来ない、誰に相談していいかわからない、こんな経験を本当は話したい、どこのカウンセリングに行ってもダメだった…そんな方の為に私のカウンセリングはあります!
気になった方はぜひ、webサイトをご覧下さい。

工藤美都
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<住所>
東京都中央区新川2-21-10 リードシー八丁堀2.3F
<web>https://vc-room.jp
<mail>info@vc-room.jp


最近、芸能人の薬物依存の報道が多々ありますね。
芸能人でもやれると言う事は、実は庶民はもっとその存在に近い距離にいます。
さも、私真面目です!という見た目の人、主婦、学生、音楽好きや音楽関係の仕事、料理人、デザイナーなど。
私の知る限り、上記の人に麻薬依存は多いです。
感覚を用いて仕事をしている人、芸術家などは特に多い。
しかも女性は、付き合う男性がやってると、いつの間にか丸め込まれて一緒になってやってしまう事は少なくありません。

麻薬関係で一番簡単にやれるのが大麻です。
大麻は神経系に作用し、美味しいものはより美味しく感じ、気持ち良いものはより気持ち良く感じます。
同時に、怖い体験をしたらかなりの恐怖を感じ、嫌な出来事は嫌悪感が強くなります。
1日にこれらの感覚を相当感じたら、波が大きいから疲れます。
ショックも大きい。
躁鬱も激しい。
躁鬱を繰り返していると、やがて躁鬱病になる可能性があります。
それが大麻という物です。

大麻が日本で禁止になったのは戦後です。
それまでは自由だった。
その辺の原っぱで生えていたし、いくらでも手に入った。
でも、禁止された。
ある国では、医療目的で合法な州もあるのに?
だったら何故か?

・後々の副作用が強いから
・依存が強いから(本人は気付かない)
・その感覚は偽物であり、人間の本質的な力を使えなくなってしまうから
・ヤル気が喪失し働かなくなると国が機能しなくなるから

結局、プラス面よりマイナス面がはるかに上回っている。
だから禁止しているのです。

大麻を好む人は、よくこう言います。
「日本がおかしい」と。
遅れている。海外では既に合法だ!素晴らしさをわかっていないのに、最初から禁止している…と。
わかっていないのは、そういう事を言っている、大麻依存の人だけです。
依存の人は、後でその代償に気付く事になります。

後で気付いた時には、時すでに遅しです。
まず、神経系がやられます。
感覚が正常ではなくなりますので、パニック障害や不安神経症、強迫性障害などを患いやすくなります。
何かが怖いという病気です。
これは元々持っている感覚が敏感か鈍感かにもよって病気になる・ならないが決まります。

そして、その病気の恐怖感がどのくらいかと例えて言うと、突然化け物が目の前に現れて自分を殺しに来る…くらいの恐怖を何かの度に味わってしまう…そんな怖さを感じてしまう病気です。

そして、カウンセリングで和らげる事は出来ても完治する事は難しい、何故ならその嫌な感覚は脳が覚えているから。
一生、何かが怖くてそれと戦う事になります。
安穏はない。
戦うしかなくなります。
そして、後悔する。懺悔する。

だから、絶対に麻薬は興味本位でやってはならない!

ちょっと試しに…と、思いやってしまう人のタイプは、
・寂しい
・押しに弱い
・日常がつまらない
・悪さがカッコいいと思っている
・悪い友達とつるんでいる
・幸せではない!

でも、そういう人って、きっと自分を変えたいんじゃないかと思うんです。
生まれ変わりたい、強くなりたい、自分に自信をつけたい、自分を好きになりたい…
心の奥のほうではそう思っている。
でも、出来ない。
出来ないけど、今すぐその願望を叶えたい!
少しでもストレス解消や満足感を感じたいと、脳が欲している。
そんな時、甘い罠があったら…そこに飛び込んでしまうと思うんです。
何かの依存症でも同じ事が言えます。
たまたま麻薬だっただけ。

だから、日頃から自己肯定したり、自分の心を優しく包み込む事が大切です。
そして、何が正義で何が悪か、判断出来る自分になる事。
それは、自分が生まれてきた意味を知れて、心からの幸せを得られる人生の第一歩になります。
人生を諦めないでください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
私は生まれてから33年間、幸せというものがわからなかった。
幸せが何かを知れて9年になります。
ありとあらゆる事を経験し、その経験を活かしてカウンセリングを行なっています。
経験に勝るものはない。
経験が全てです。
誰にも相談出来ない、誰に相談していいかわからない、こんな経験を本当は話したい、どこのカウンセリングに行ってもダメだった…そんな方の為に私のカウンセリングはあります!
気になった方はぜひ、webサイトをご覧下さい。

いつもありがとうございます。

工藤美都
ーーーーーーーーーーーー
value creation room
<住所>
東京都中央区新川2-21-10 リードシー八丁堀2.3F
<web>https://vc-room.jp
<mail>info@vc-room.jp

こんにちは。
所属カウンセラーの中村和子です。



あなたは

何か悩みがあるとき、どうしていますか?



一人で打開策を考える。

美味しいものを食べたり飲んだり

音楽を聴いたり

自然に触れたり

旅行やスポーツ、好きな趣味、娯楽をして
気分転換する。

信頼できる人に相談する。

解決のヒントになりそうな本を読む。

ネットで解決方法をさがす。

癒しスポットにいく。

・・・

他にも色々ありますよね。




私も昔から悩むことがとても多い人間でした。


1人で長いこと考えこんだり

本に答えを求めたり

かと思えば
ガムシャラに何かを始めたり

とにかく1人で解決しようとしていました。



これで解決することも
ないわけではないのですが


とても長い時間を要してしまったり

考えがグルグルして抜け出せなかったり

解決したと思ったら
しばらくするとまた
同じようなことで悩んでいたり
 
ということが多かった気がします。



私の経験上

1番早くて、1番効果のある方法は


「人に話を聞いてもらうこと」


だと思っています。


なぜなら

話しながら自分の頭の中が整理されていき

その時に頭で考えていることや
感じている感情を

リアルタイムでやりとりできるので

変化が起こるのが早いのです。



ただ、この

「人に話を聞いてもらう」

って意外に難しい。



聞いてもらう相手を間違えると


かえって傷ついたり

相手に負担をかけていないか気になったり

本音が出せずに上辺だけのことしか
話せなかったり

継続して関わり続けてもらうことが
できなかったり


ということが起こります。



そう。


そんなときに
心理カウンセラーを頼って欲しいのです。


カウンセリングルームでは

1対1の安心安全な場で

人になかなか話せないデリケートな内容でも

話しやすい環境が用意されています。



カウンセラーは聴くことのプロです。

クライアントさんがうまく言葉にできなくても

クライアントさんの発する
言葉からだけではなくて

その表情や視線や
声のトーンや動作などからも

クライアントさんが今置かれている状況を
丁寧に読み取って

その心の奥底にある葛藤を
少しずつ丁寧に浮き彫りにしていきます。


丁寧に丁寧に
クライアントさんとの信頼関係を築いていき

その悩みの根本的な正体を
明らかにしていきます。


そして
クライアントさん自身が
必要な気づきを得られるよう

一人一人に合わせたアプローチで
促していきます。



□少しでも早く今の状況から抜け出したい。

□どうしてこうなってしまったのか
自分ではわからない。

□どうやってこの状況から抜け出せばいいのか
先が全く見えない。



もし
そんな辛い気持ちを抱えているなら


一度、体験カウンセリングを
受けてみませんか?


当ルームの体験カウンセリングでは

カウンセリングを受けることへのハードルを
少しでも下げるために

通常よりも金額をかなり下げて
提供させていただいています。


カウンセリングとはどういうものか

カウンセラーとの相性はどうか


是非、体験してみてください。


50分 4000円からお受けしています。

大変ご無沙汰しています。

所属カウンセラーの
中村和子です。

2020年。新しい年になって
早くも1ヶ月が経ちました。
皆さんは、どんな2月をスタートさせて
いらっしゃるでしょうか。


私の今年の目標は
カウンセリングの知識と技術を
さらに磨くために学び続けることと

趣味の陶芸でも
色々な作品作りにチャレンジすることです♪
(パスタ皿、マグカップ、ビールジョッキ…etc)


397FFEF4-74E2-490E-853E-B1AD8E7CF98B





さてここで、遅ればせながら
カウンセラーとしての
私の2019年を振り返ってみたいと思います。


2019年は、
今までで一番多くの
クライアントさんとの出会いがあり、

たくさんのドラマを間近で見せていただき

カウンセリングという仕事を
させていただいていることへの
素晴らしさと感謝の気持ちを
強く感じた1年でした。



印象に残ったクライアントさんの
事例をひとつ
クライアントさんの承諾を得て
紹介してみますね。


***


彼氏からのLINEの返信を待ち続けて
他のことが手につかなくて
恋愛依存ではないかと
悩んでいたクライアントさん。


子どもの頃のつらかった経験から

自分が楽しむこと
自由にふるまうことに
罪悪感を感じて許可を出せず

我慢をするのがあたりまえの
日々を過ごされていました。



まず
自分の気持ちに気づくこと。


そして

自分を大切にすること

自分が幸せになることに
許可を出すこと

に根気よく取り組んだ結果


新しいコミュニティでの
居場所を見つけて

いい仲間ができて

さらには


仕事での独立に向けて
着々と準備を進めるまでに
なりました。


最初のころは
カウンセリングが終わったあと

テーブルの上には涙と鼻水を
拭ったティッシュが
山積みになっていましたが


4ヶ月後の卒業の日には、なんと

新しい彼氏ができたという嬉しい報告と

未来への希望と笑顔でいっぱいの

幸せな時間になっていました。


***


こういった、クライアントさんたちの
すばらしい変化を間近で見るたびに

人の持つ、計り知れない
可能性の大きさを感じて
胸がいっぱいになります。


そして

自分の課題に愚直に向き合っている
クライアントさんの姿に

いつも私の方が
とても勇気づけられています。



それから・・・


今まで、ブログが苦手で
ほとんど更新できていませんでしたが

今年はもっと積極的に
投稿していく予定です。


知っているだけで心が軽くなる
心にまつわる知識や

私がカウンセラーとして
大切にしていることなどを
お伝えしていていければと
思っています。



2020年も誠心誠意
クライアントさんの幸せのために
力を尽くしていきます。

どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

↑このページのトップヘ