67FF4558-0B6A-40DB-A45B-4C668D1BF3ED

所属カウンセラーの清田直芳です。

間が空いてしまいましたが、第4回の心理学セミナーでお話した内容の続きを書いていきたいと思います。

前回、信頼関係を築く方法として、「単純接触効果」について書かせていただきました。

今回は実際に信頼関係を築きたい相手と、どのようなコミュニケーションを取れば良いかという話です。

キーワードは、「同調」です。

これは、コミュニケーションにおいて最も大切なことの一つだと言えます。詳しく説明していきますね。

同調とは、信頼関係を築きたい人の呼吸、リズム、声の強弱、テンポ、表情、雰囲気などを合わせることです。

これは、知識がなくても無意識でやっている方は多くいらっしゃいます。むしろ、小さな部分では全ての人がやっていることでしょう。

特に日本人は、周りとの調和を大事にしていますから、上手い人は多いかもしれません。

例えば、結婚式やお葬式といった厳かな場では、周りに合わせて静かにしたり、悲しそうな表情、にこやかな表情にしたり、周りの雰囲気に合わせますよね。これも、同調の一つです。

お葬式で、急に「イェー!」と大声出してテンション上げたりしたら、周りの方との信頼関係が崩れます。崩れる所か、おかしな人と認識されてしまいますよね。

反対に、親族の方が涙ぐんでることに共感して、同じように涙ぐめば信頼できる人だと思われる可能性が高いでしょう。

特に、リズム、声のトーンや強弱は合わせやすい所ですので、これが上手にできるようになると、信頼関係は築きやすくなります。

ただ、気を付けていただきたいのは、同調することに意識が行き過ぎて、相手の話に集中していないと「私の話をちゃんと聴いてない」と思われてしまいます。そうなると、逆に信頼関係がくずれてしまいますから、無意識でできるようになるのが理想ですね。

もう一つ注意していただきたいのは、不自然にならないことです。

例として、ミラーリングという相手と同じような格好をするという技法があります。相手が脚を組んだら、自分も脚を組む、というようなものです。

これを過度に行ってしまうと、「この人、さっきから私と同じポーズ取ってくるな」とばれてしまいます。

そうなると、「技法で私をコントロールしようとしている」と思われかねませんから、なるべく不自然にならないように注意が必要です。

リズム、声のテンポや強弱は、自然に行えていれば、違和感を感じることは無いと思いますので、その辺りを意識して練習していただくのが確実だと思います。

最後に、これは余談になってしまいますが、現在は情報があふれています。小手先の知識、技術は誰でも知ることができますよね。

私も受講者として、セミナーに参加した時、「あ、〇〇(技法)使ってるな」と気づくことが良くあります。

技術が当たり前の時代だからこそ、より真の人間性が問われる時代だと思います。技術も大切ですが、その土台となる在り方の部分をより大切にしていただきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ーーーーーーーーーーーー
valuecreation room
<web>http://vc-room.jp/
<mail>info@vc-room.jp