タグ:笑い

7165A553-BD74-422C-B08B-83C8FC7B6DBA

所属カウンセラーの清田直芳です。


今回も第2回Value creation room心理学セミナー「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」でお話した内容について書いていきたいと思います。


ちなみに、セミナーに参加された方のご感想はこちらです。


2回目の心理学セミナーを開催しました♫


今回は笑いの力で心の傷を癒す方法について書いていきます。


まず、心の傷を癒すために必要な要素について見てみましょう。

心の傷を癒すには、


・回避をしない

・客観的に見る


この2つが重要になります。


まず、「回避をしない」ですが、悲しみ、恐れ、寂しさ、失望などなど、感じることに抵抗のある感情ってありますよね。


しかし、この感情をしっかりと感じることをせずに回避してしまっていては、癒されることはありません。


例えば、お葬式の一つの役割は、残された人がしっかりと悲しめるようにすることです。泣いたらスッキリするのも、しっかりと悲しみを感じているからなんですね。


行動においても、高所恐怖症の人が高い所を避け続けていても、高所恐怖症が治ることはありません。実際にでも、イメージの中ででも高い所を体験する必要があります。


次に「客観的に見る」ですが、問題から距離を取ること、これを心理の世界では自己距離化と言います。


自分を俯瞰してみるメタ認知と同じような考えと捉えていただいて良いと思います。


何かネガティブなことが起こった時、そこで考えたことは事実とは限りません。しかし、感情に飲み込まれてしまうと、その思考が事実だと勘違いしてしまいます。


その結果、冷静な行動が取れなくなったり、望ましくない考えが定着してしまったりするおそれがあります。


台風が吹き荒れる屋外で必死に立っているのではなく、安全な屋内から台風が吹き荒れる外を眺めているようなイメージで、客観的に物事を見ることが大切です。


それでは、本題の笑いで心の傷を癒すということに入っていきましょう。


人が笑えたり、面白いと思えたりするのはどういう状況かと言うと、

「普通ではないことが分かっていて、普通とのズレが理解できている」

ということです。


例えば、これから会社の出張で新幹線に乗ろうと思っている男性がいたとします。出発までの時間が差し迫っていて、のんびりはしていられません。


改札を通ろうと思い切符を出そうとしますが、ポケットに入れておいたはずの切符がありません。他のポケットを探しても、サイフの中を探しても結果は同じです。


時計を確認すると、もうすぐ新幹線が到着する時間になってしまっています。大事な取引先との商談があるため、絶対に遅れるわけにはいきません。胸が締め付けられ、心臓がドキドキと高鳴ります。


「早く切符を見つけないと!」という一心で、改札前にも関わらず、カバンの中身をひっくり返してしまいました。


書類や手帳、万年筆などが床に転がっています。四つん這いになって必死に探すも、やっぱり切符は見つかりません。


しまいには、着ていたスーツを脱いでバサバサと振ってみたり、靴を脱いでその中を見だしたりし始めました、、、。


切符を見つけようと必死になっている男性からしたら、自分の行動に疑問を持っていないかもしれませんけど、周りで見ている人としたらとても滑稽ですよね。 


危機的な状況に巻き込まれていたら、自分の状況をおかしいと思うことはできません。しかし、この男性も切符が見つかり冷静になった後であれば、自分の行動の滑稽さに気づくはずです。

喜劇王と呼ばれるチャップリンが、
「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見ると喜劇である」
という名言を残していますが、まさにその通りだと思います。
 


このように、笑える、面白いと思うためには、距離を置いて冷静に物事を見れていることが必要です。


逆に言えば、自分の状況を笑おうと思えば、自然と距離が取れていることになります。


心の傷を癒すためには、


ネガティブな体験を、笑い話に変えることです。


言葉にすることで気持ちが浄化されますし、笑いによりエンドルフィンなどのポジティブな脳内ホルモンも出ますから、ネガティブな体験のイメージも変化するはずです。


これをとても上手くやっているのがお笑い芸人さんです。ネタにして喋っていますけど、もし自分だったらと思うと悲惨な体験がたくさんありますよね。


お笑い芸人さんのように、それがお金になることはないかもしれませんが、ネタにすることで辛い体験が笑える体験になります。


そして、その辛いと思っていた体験が自分も他人も癒し、人間関係を育み、今現在同じような苦しみの中にいる人に勇気を与えます。


すぐにネタにするのはハードルが高いでしょうから、まずは自分で面白い話を組み立ててみてください。


そこから、1人で喋ってみたり、信頼できる人に聞いてもらったりして、少しずつ慣らしていくのがオススメです。


「辛いと思っていたけど、一つネタができたぞ!」と思える日が来ることを心よりお祈りしています。


最後までお読みいただきありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーー

valuecreation room

<web>http://vc-room.jp/

<mail>info@vc-room.jp


FAC7EFF5-5328-4655-B060-AC8C3368365B
所属カウンセラーの清田直芳です。


今回も第2回Value creation room心理学セミナー「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」でお話した内容について書いていきたいと思います。


ちなみに、セミナーに参加された方のご感想はこちらです。


2回目の心理学セミナーを開催しました♫


今回からは「笑い」や「遊び」を実際の生活に取り入れていくことについて書いていきます。


今回のテーマはプレイフルネスです。


プレイフルネスとは、

「現状を楽しく認識したり、変えていく能力」

のことです。


これだけだと分かりにくいと思いますので、具体例をあげていきますね。


・ノンスタイル石田さんの例


これは、以前テレビのバラエティ番組で見て印象に残っているものです。


お笑いコンビのノンスタイルの石田さんが、家で行なっている工夫を紹介していました。


石田さんは、毎日の晩酌を楽しみにされているようなのですが、ただその時の気分で呑むということをせず、面白い工夫をしているそうです。


それは、紙に「ビール2本 するめいか」「チューハイ1本 ナッツ」のようにたくさん書いて、それをガシャポンに入れ、1日1回だけ回して、出てきたもので晩酌を楽しむという工夫でした。


これをするだけでも、「今日は何が出るかな?」という楽しい気分になりますよね。飲み過ぎを防止する効果もありそうです。


芸人さんならではの、素晴らしい遊び心だと感じました。


・私の満員電車での例


私自身もこのプレイフルネスという言葉を知る前から、「どうすれば、面白くなるだろう?」ということは常日頃から考えるようにしていました。


最近、介護の仕事を辞めて満員電車に乗ることが多くなってるんですけど、せっかく満員電車に乗るのだから、「何か面白くできないかな?」と思って考えてみました。


1.満員電車セラピー


満員電車だとどうしても、常に他の人と密着してる状態になることってありますよね。これって捉えようによっては、マッサージとかフリーハグみたいなものだと思います。


肌と肌が触れ合うことでオキシトシンという幸せホルモンが出ますから、不快だと思わずセラピーだと思えばきっと効果があるんじゃないか、と。効果があると信じる気持ちは大切ですからね。


自分から積極的にくっ付きに行くとそれはヤバイですから、どうしようも無い時は「満員電車セラピーのチャンス!」と思えば、気持ちも変わるかもしれません。


2.都会体験ゲーム『満員電車でGO!』


都会育ちの方は共感しづらいかもしれませんけど、広島の福山という田舎出身者からすると、満員電車への憧れが以前ありました。


テレビなんかで、車掌さんが押してる様子を見て「楽しそうだなー」と小さい頃に思ったのを覚えています。


その時のことを思い出して、これを体験型のゲームだと思ってみることにしました。


自分以外の乗客はエキストラっていう設定です。何百人もいるでしょうから、実際にやろうと思ったら相当お金かかりそうですよね。


ゲームをしているモードでいると段々と思考が展開していき、


「あの、しかめっつらをしてる人、仕事熱心だなー」

「この人、足を踏ん張って自分のエリアを確保しようとしてるから、ベテランなのかなー? 時給も他の人より高いのかも」

「満員なのにリュックを背負ったまま! この車両のリーダーかも!」


みたいに思えてきて楽しくなってきます。これはあくまでも妄想ですけど、気分は変わると思いますので良かったら試してみてください。




今回はプレイフルネスについて書かせていただきました。何となくでも感覚はつかんでいただけたでしょうか?


意味の見出せない退屈な仕事や、苦痛な人間関係などなど、それを楽しくする工夫はきっと眠っていると思います。


ネガティブな状況に直面した時、「どうしたら楽しくできるだろう?」と普段から考える癖をつけることで、このプレイフルネスも高まっていきますので、ぜひ日常的に考えてみてください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーー

valuecreation room

<web>http://vc-room.jp/

<mail>info@vc-room.jp



5860F5A1-F783-4728-A236-9DFF81B85B07


所属カウンセラーの清田直芳です。


前回に続き、第2回Value creation room心理学セミナー「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」でお話した内容について書いていきたいと思います。


ちなみに、セミナーに参加された方のご感想はこちらです。


2回目の心理学セミナーを開催しました♫


前回「笑い」が心と体に与えるポジティブな影響について書かせていただきました。今回はコミュニケーションついてです。人間関係の構築にも、笑いは大きな役割を果たしています。


1.笑顔は人に安心感を与える


私たちカウンセラーは、常に柔らかな微笑みでクライアントさんのお話に耳を傾けます。


人とコミュニケーションを取る際、笑顔でいることはとても大切です。笑顔でいることは、目の前の方を受け入れ、「あなたの味方ですよ」と非言語のメッセージを送ることです。


メラビアンの法則というものがあり、言葉よりも表情の方が、相手に与える影響は大きいと言われています。言葉の内容はわずか7%なのに対して、表情はなんと55%も影響していると言われていますから、どれだけ笑顔でいることが大切か分かりますよね。


「ほとんど笑わない生まれつきの美女」と「良く笑う普通の顔の女性」がどちらが魅力的かという実験もあり、78%が「良く笑う普通の女性」の方の魅力的に見えるという結果もあります。


人間にとって笑顔より魅力的な表情はないのではないでしょうか。カウンセラーに限らず、人と接する時に笑顔でいることは、人間関係を円滑にするためにもとても大切だと思います。


2.笑うことで一体感が高まる


前回の記事でも書いたように、笑うことで多幸ホルモンと呼ばれるエンドルフィンが分泌されます。


楽しくおしゃべりをしたり、一緒にバラエティ番組やコメディ映画を見たりすると、同時にエンドルフィンが出ることで一体感が高まります。


人は同じような雰囲気、テンポ、動きが近いと信頼するように出来ていますので、笑いの効果も相まってより人間関係が良くなりやすくなります。


研修の前に行うアイスブレイクや、一緒にお酒を飲むことで仲良くなるのは、リラックスした環境によって笑いが生まれやすい環境になっているのも理由にあるのかもしれません。


3.その他


女性が恋愛や結婚する男性に望むものとして「ユーモアのセンス」が上位に来ています。面白い方がモテやすいっていうことですね。


以前テレビのバラエティ番組で、売れていないお笑い芸人さんの彼女は可愛いのか、みたいな企画を見ましたが、やっぱり可愛いかったり、キレイな方が多かったことを覚えています。


また、会社の重役クラスで「優秀だ!」と思われている人は、ギャグを2倍とばすという調査結果もあるようです。


こういう結果も、「理想の上司」「頭が良いと思う芸能人」といったランキングで、明石家さんまさんや、松本人志さんといったお笑い芸人の方々が多くランキングされているのを見ると、納得のいく方も多いのではないでしょうか。




今回は人間関係において笑い、笑顔がどのようにポジティブな影響をもたらすかについて書かせていただきました。


次回からは、実際の生活の中で「笑い」や「遊び」を取り入れていく方法について書いていきたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーー

valuecreation room

<web>http://vc-room.jp/

<mail>info@vc-room.jp


60304817-9FAD-4C3D-AE71-8F4430DB2E09

所属カウンセラーの清田直芳です。


先日、第2回Value creation room心理学セミナー「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」を開催しました。


セミナーに参加された方のご感想はこちらです。


2回目の心理学セミナーを開催しました♫


今回は『笑い』が心と体にどのような良い影響を及ぼすかについて書かせていただきます。


1.ストレス軽減になる


笑うことでストレスホルモンと呼ばれる、コルチゾールが激減すると言われています。


笑った後も45分くらいはリラックス効果が続くそうなので、何か緊張する場面の前に笑っておけば、予防の効果もありそうですよね。


個人的にも、短時間でもたらされる効果としては、笑いは非常に優秀ではないかと思っています。


何か緊張した場面で、一つの笑いがその場の空気をいっぺんに変えるようなことは多くの人が経験しているんじゃないでしょうか。


緊張の糸がほぐれたことで笑いが起こったという部分もあるでしょうけど、笑いによってそれが増幅されたといのは間違いなくあると思います。


2.NK細胞の活性化


NK(ナチュラルキラー)細胞とは、人間の免疫に関わっている細胞です。


人は悲しいことに、毎日せっせとガン細胞を作っています。その数は、3000〜5000個、、、。


何とも嫌なデータですが、このガン細胞をやっつけてくれる細胞が存在します。


それが、NK細胞!


このNK細胞は、笑うことで活性化するので、たくさん笑えばそれだけガンにかかりにくくなるっていうことですね。


残念ながら、悪化してしまった状態を治すほどの力は無いようですが、予防としてはかなり効果が期待できるそうです。どんどん笑って予防したいですね。


3.脳内ホルモンが分泌される


多幸ホルモンと呼ばれる「エンドルフィン」や、やる気と関係している「ドーパミン」、心の安定にかかわっている「セロトニン」といった、脳内ホルモンが笑うことで分泌されます。


「別に面白いことが無いから笑えない」という方も、作り笑いでも同じ効果があるのでご安心ください。


「幸せだから笑っているのではなく、笑っているから幸せなのだ」

は正にその通りですね。私の場合、お風呂で出る前になるとラフターヨガという、笑いとヨガの呼吸法をミックスしたエクササイズを毎日行っています。お風呂場なので、周りの人には聞こえていないと信じて(笑)


4.その他


その他にも、結構カロリーの消費量が高かったり、脳が活性化したりっていう効果も期待できるようです。


私が長く関わっていた介護に関係することでは、日常的に良く笑う高齢者と、あまり笑わない高齢者では、脳卒中にかかる確率が1.6倍、心疾患にかかる確率が1.3倍も違うという研究結果もあるそうです。


様々な病気の予防のためにも、日常的にたくさん笑っておくのは重要そうですよね。


私自身の話をさせていただくと、特に18歳から20歳の頃は本当に笑いに助けられていたと思います。


当時、進学で実家の広島から大阪に引っ越したものの、病的なまでの人見知りが炸裂し、半分引きこもるような生活をしてました。


一応バイトはしていましたが、学校にもあまり行かず、5日間くらいほとんど話をしないこともザラにありました。5日間、ほとんど人と喋っていないと、全然頭が回らなくなります。


自分の生まれ持った性格からすると、どんどん内にこもって、精神的に病んでしまってもおかしく無いと思うのですが、割と心は落ち着いていました。


「あの頃、どうして大丈夫だったのだろう?」と考えてみましたが、思い当たるのは1つしかありません。


暗黒時代の私を救ってくれたものは、まず間違い無く『笑い』の力です。


ダウンダウンさんの「ガキの使い」が大好きで、録画したのものを何度も見たり、大阪という土地柄お笑いの番組が多くあるので、バラエティー番組を見たりして、多くの時間を過ごしました。


意識してやっていた訳ではありませんが、きっと笑いが心のエネルギーを高め、ストレスから守ってくれていたのだと思います。


今回は笑いが心と体に与える良い影響について書きました。次回は人とのコミュニケーションにおいて、笑いがどのような役割を果たすか書かせていただきます。また、ぜひお読みください。そして、「最近、あまり笑ってないかも、、、」の思う方がいたら、ぜひ笑う時間を増やしていただければと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。


ーーーーーーーーーーーー


valuecreation room


<web>http://vc-room.jp/


<mail>info@vc-room.jp

F38F75BA-C028-488D-8376-6E5377AF91E5

所属カウンセラーの清田直芳です。


今日から複数回にわたって、第2回Value creation room心理学セミナー「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」でお話させていただいた内容を中心に、記事を書かせていただきたいと思います。


ちなみに、セミナーに参加していただいた方の感想は、こちらに書いています。


2回目の心理学セミナーを開催しました♫


今回はセミナーの最初にお話した、私が笑いという価値観に目覚るキッカケになったエピソードについて書かせていただきます。


これまでも、このエピソードをお話する前に、


「生まれて初めてボケた時って覚えてますか?」


という質問を何度かさせていただいたことがあります。


ちなみに、一度も覚えている方に出会ったことはありません。今回もやっぱりいらっしゃいませんでした(笑)


甥っ子なんかを見ていると、動いたり、おかしな顔をしたりっていうのは、かなり小さい頃からしているみたいなんですけど、ここで言うボケはフリがあってオチがあるような、論理立てられたボケのことです。


私、実ははっきりと初ボケのことを覚えていまして、その時の閃いたという何とも言えない感覚は、今でも印象に残っています。


それは、幼稚園の年長さんくらいだった時、ものすごくガムを買って欲しかったんですね。きっと、テレビや漫画でガムを噛んでいる姿を、カッコいいなーっておもっていたんだと思います。


でも、ガムは歯に悪い、ということで中々買ってもらえませんでした。


そのような時、当時売っていた『歯磨きガム』という物の存在を知って、これなら良いんじゃないかと思って、必死に母親にアピールをしました。


アピールしようとした瞬間でした、点と点がつながり、線になったような閃きがあったのは。


「お母さん、お母さん、歯磨きガムって歯の汚れが取れるらしいよ」


「あとー、歯のバイ菌も取れるらしいよ」


「あとー、・・・おばあちゃんの入れ歯も取れるらしいよ!」


これが私の生まれて初めてのボケです。


これを、幼稚園の年長さんが言ったわけですからね。可愛いですよね。ものすごく(笑)


おそらくそういう意外性も影響したんだと思うんですけど、そのボケに母親がすごく笑ってくれまして。


それが、嬉しくて嬉しくて! 元を辿れば、そこが1つのターニングポイントになったのだと思います。


そこからしばらくは、何の脈絡もなく同じことを言ってました。


「おばあちゃんの入れ歯も取れるらしいよ」「おばあちゃんの入れ歯も取れるらしいよ」「おばあちゃんの入れ歯も取れるらしいよ」「おばあちゃんの入れ歯も取れるらしいよ」


何回かはおそらく愛想笑いで親も笑ってくれてましたけど、途中から完全にスルーされてたと思います。うっとうしかったでしょうね(笑)


そのようなことがあって、笑いというものが大好きになった訳ですけど、その後の人生においても、笑いにはストレスケアや人間関係において何度も助けられてきました。


あまり初めてボケた時のことを覚えている人はいないと思いますけど、皆さんが印象に残っているステキな思い出には、『笑い』や『笑顔』はきっと付き物なんじゃないでしょうか?


次回は、より具体的な笑いの効能について書いてみたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーー


valuecreation room


<web>http://vc-room.jp/


<mail>info@vc-room.jp

↑このページのトップヘ