タグ:遊び


FAC7EFF5-5328-4655-B060-AC8C3368365B
所属カウンセラーの清田直芳です。


今回も第2回Value creation room心理学セミナー「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」でお話した内容について書いていきたいと思います。


ちなみに、セミナーに参加された方のご感想はこちらです。


2回目の心理学セミナーを開催しました♫


今回からは「笑い」や「遊び」を実際の生活に取り入れていくことについて書いていきます。


今回のテーマはプレイフルネスです。


プレイフルネスとは、

「現状を楽しく認識したり、変えていく能力」

のことです。


これだけだと分かりにくいと思いますので、具体例をあげていきますね。


・ノンスタイル石田さんの例


これは、以前テレビのバラエティ番組で見て印象に残っているものです。


お笑いコンビのノンスタイルの石田さんが、家で行なっている工夫を紹介していました。


石田さんは、毎日の晩酌を楽しみにされているようなのですが、ただその時の気分で呑むということをせず、面白い工夫をしているそうです。


それは、紙に「ビール2本 するめいか」「チューハイ1本 ナッツ」のようにたくさん書いて、それをガシャポンに入れ、1日1回だけ回して、出てきたもので晩酌を楽しむという工夫でした。


これをするだけでも、「今日は何が出るかな?」という楽しい気分になりますよね。飲み過ぎを防止する効果もありそうです。


芸人さんならではの、素晴らしい遊び心だと感じました。


・私の満員電車での例


私自身もこのプレイフルネスという言葉を知る前から、「どうすれば、面白くなるだろう?」ということは常日頃から考えるようにしていました。


最近、介護の仕事を辞めて満員電車に乗ることが多くなってるんですけど、せっかく満員電車に乗るのだから、「何か面白くできないかな?」と思って考えてみました。


1.満員電車セラピー


満員電車だとどうしても、常に他の人と密着してる状態になることってありますよね。これって捉えようによっては、マッサージとかフリーハグみたいなものだと思います。


肌と肌が触れ合うことでオキシトシンという幸せホルモンが出ますから、不快だと思わずセラピーだと思えばきっと効果があるんじゃないか、と。効果があると信じる気持ちは大切ですからね。


自分から積極的にくっ付きに行くとそれはヤバイですから、どうしようも無い時は「満員電車セラピーのチャンス!」と思えば、気持ちも変わるかもしれません。


2.都会体験ゲーム『満員電車でGO!』


都会育ちの方は共感しづらいかもしれませんけど、広島の福山という田舎出身者からすると、満員電車への憧れが以前ありました。


テレビなんかで、車掌さんが押してる様子を見て「楽しそうだなー」と小さい頃に思ったのを覚えています。


その時のことを思い出して、これを体験型のゲームだと思ってみることにしました。


自分以外の乗客はエキストラっていう設定です。何百人もいるでしょうから、実際にやろうと思ったら相当お金かかりそうですよね。


ゲームをしているモードでいると段々と思考が展開していき、


「あの、しかめっつらをしてる人、仕事熱心だなー」

「この人、足を踏ん張って自分のエリアを確保しようとしてるから、ベテランなのかなー? 時給も他の人より高いのかも」

「満員なのにリュックを背負ったまま! この車両のリーダーかも!」


みたいに思えてきて楽しくなってきます。これはあくまでも妄想ですけど、気分は変わると思いますので良かったら試してみてください。




今回はプレイフルネスについて書かせていただきました。何となくでも感覚はつかんでいただけたでしょうか?


意味の見出せない退屈な仕事や、苦痛な人間関係などなど、それを楽しくする工夫はきっと眠っていると思います。


ネガティブな状況に直面した時、「どうしたら楽しくできるだろう?」と普段から考える癖をつけることで、このプレイフルネスも高まっていきますので、ぜひ日常的に考えてみてください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーー

valuecreation room

<web>http://vc-room.jp/

<mail>info@vc-room.jp


60304817-9FAD-4C3D-AE71-8F4430DB2E09

所属カウンセラーの清田直芳です。


先日、第2回Value creation room心理学セミナー「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」を開催しました。


セミナーに参加された方のご感想はこちらです。


2回目の心理学セミナーを開催しました♫


今回は『笑い』が心と体にどのような良い影響を及ぼすかについて書かせていただきます。


1.ストレス軽減になる


笑うことでストレスホルモンと呼ばれる、コルチゾールが激減すると言われています。


笑った後も45分くらいはリラックス効果が続くそうなので、何か緊張する場面の前に笑っておけば、予防の効果もありそうですよね。


個人的にも、短時間でもたらされる効果としては、笑いは非常に優秀ではないかと思っています。


何か緊張した場面で、一つの笑いがその場の空気をいっぺんに変えるようなことは多くの人が経験しているんじゃないでしょうか。


緊張の糸がほぐれたことで笑いが起こったという部分もあるでしょうけど、笑いによってそれが増幅されたといのは間違いなくあると思います。


2.NK細胞の活性化


NK(ナチュラルキラー)細胞とは、人間の免疫に関わっている細胞です。


人は悲しいことに、毎日せっせとガン細胞を作っています。その数は、3000〜5000個、、、。


何とも嫌なデータですが、このガン細胞をやっつけてくれる細胞が存在します。


それが、NK細胞!


このNK細胞は、笑うことで活性化するので、たくさん笑えばそれだけガンにかかりにくくなるっていうことですね。


残念ながら、悪化してしまった状態を治すほどの力は無いようですが、予防としてはかなり効果が期待できるそうです。どんどん笑って予防したいですね。


3.脳内ホルモンが分泌される


多幸ホルモンと呼ばれる「エンドルフィン」や、やる気と関係している「ドーパミン」、心の安定にかかわっている「セロトニン」といった、脳内ホルモンが笑うことで分泌されます。


「別に面白いことが無いから笑えない」という方も、作り笑いでも同じ効果があるのでご安心ください。


「幸せだから笑っているのではなく、笑っているから幸せなのだ」

は正にその通りですね。私の場合、お風呂で出る前になるとラフターヨガという、笑いとヨガの呼吸法をミックスしたエクササイズを毎日行っています。お風呂場なので、周りの人には聞こえていないと信じて(笑)


4.その他


その他にも、結構カロリーの消費量が高かったり、脳が活性化したりっていう効果も期待できるようです。


私が長く関わっていた介護に関係することでは、日常的に良く笑う高齢者と、あまり笑わない高齢者では、脳卒中にかかる確率が1.6倍、心疾患にかかる確率が1.3倍も違うという研究結果もあるそうです。


様々な病気の予防のためにも、日常的にたくさん笑っておくのは重要そうですよね。


私自身の話をさせていただくと、特に18歳から20歳の頃は本当に笑いに助けられていたと思います。


当時、進学で実家の広島から大阪に引っ越したものの、病的なまでの人見知りが炸裂し、半分引きこもるような生活をしてました。


一応バイトはしていましたが、学校にもあまり行かず、5日間くらいほとんど話をしないこともザラにありました。5日間、ほとんど人と喋っていないと、全然頭が回らなくなります。


自分の生まれ持った性格からすると、どんどん内にこもって、精神的に病んでしまってもおかしく無いと思うのですが、割と心は落ち着いていました。


「あの頃、どうして大丈夫だったのだろう?」と考えてみましたが、思い当たるのは1つしかありません。


暗黒時代の私を救ってくれたものは、まず間違い無く『笑い』の力です。


ダウンダウンさんの「ガキの使い」が大好きで、録画したのものを何度も見たり、大阪という土地柄お笑いの番組が多くあるので、バラエティー番組を見たりして、多くの時間を過ごしました。


意識してやっていた訳ではありませんが、きっと笑いが心のエネルギーを高め、ストレスから守ってくれていたのだと思います。


今回は笑いが心と体に与える良い影響について書きました。次回は人とのコミュニケーションにおいて、笑いがどのような役割を果たすか書かせていただきます。また、ぜひお読みください。そして、「最近、あまり笑ってないかも、、、」の思う方がいたら、ぜひ笑う時間を増やしていただければと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。


ーーーーーーーーーーーー


valuecreation room


<web>http://vc-room.jp/


<mail>info@vc-room.jp

60AD4E44-2F1A-4E18-89F6-6D8FDD8DE0C3

所属カウンセラーの清田直芳です。


7月20日(土)に2回目のValue creation room心理学セミナーを開催しました。


この心理学セミナーは月に1回、所属カウンセラーの岩村と清田が交代で講師を務めます。


1回目の前回は岩村が担当しましたので、今回は私清田が講師をさせていただきました。


今回の講座名は、


「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」


です。私自身、以前にお笑い芸人を目指していた時期もあり、笑いには人一倍思い入れがあります。


カウンセラーをやっているのも、クライアントさんが元気になり、そして笑顔で過ごしてもらいたいというのが、私のモチベーションです。


講座でお話した内容については、またこちらのブログでも書かせていただきたいと思っていますので、ぜひお読みください。


今回は講座に参加していただいた皆様の、ご感想を一部紹介させていただきたいと思います。
 

『ご感想』


"笑い""遊び""ユーモア"など楽しく新しい切り口のセミナーでした。心理学というととっつきにくい難しい用語も多いですが、先生の体験や経験を織り交ぜてお話しして下さり、分かりやすい内容でした。

"笑い"は日常生活に取り入れやすいので、今後様々な場面で生かしていきたいと思いました。

Tさん


今日、物事を明るく笑いにかえる考え方、捉え方を教えていただきました。普段の生活、職場の中で、今日教えていただいたことを実行してみたいと思います。

皆さん明るく楽しく、教えてくださったので、なにかひとつでも実行して、ちゃんと明るい方にいけたら、良い結果となったら、どんどんさらに実行していきたいと思います。

講師の方も明るく楽しく元気になれました。

職場のストレスをかかえている方にも声かけてみようと思います。

ミヨさん


笑いというのはいろんな効果があるのだと知りました。

場の雰囲気もよかったのでまた参加したいです。

ユーモアスピーチたのしかったです。あんなふうにかけたらいいですね。

Kさん


代表の工藤先生にお世話になったご縁で参加しました。

時間が進むにつれ場もあたたまり有意義な時間となりました。
 

以上、ご感想でした。



第3回目の心理学セミナーは、『日常で使えるリラクゼーションテクニック』というタイトルで行います。


8月17日(土)14時-16時


Value creation room セミナー


「日常で使えるリラクゼーションテクニック」


講師:岩村剛


料金:無料(お茶代として500円頂戴します)


お問い合わせ:iwamura@vc-room.jp


ご参加お待ちしております!

35A93545-9F8F-4AD7-AAF3-1F2CE131C573

所属カウンセラーの清田直芳です。


新しいことに挑戦したり、人生を左右するような選択をしたり、何かと精神的に疲れるような場面ってありますよね。


上記のような場面の時、「失敗したらどうしよう?」「嫌な結果になったらどうしよう?」という不安な気持ちが出てきてしまう人が多いと思います。


しかし、同じような状況にも関わらず、「何が来てもオッケーじゃないか!」という心理状態になったことがありました。


それが、タイトルに書いた「安心の両面待ち」という状態です。


ちなみに、両面待ちというのは麻雀用語でリャンメン待ちと読みます。


残り1枚で上がれる状態をテンパイと言うのですが、例えば自分の手に「3」「4」と牌があったとします。


その時、「2」と「5」どちらが来てもあがれる状態のことを両面待ちと言うんですね。ここで言う「2」と「5」が、それぞれ「成功」と「失敗」にあたります。


ここでは便宜上「失敗」と書いてありますが、両面待ち状態になるとどちらも「成功」と「成功」、場合によっては「成功」と「大成功」になることもあります。


私がこのことを強く実感した出来事が以前ありました。


とある人間関係において悩んでいた時、どうしてもその人と関わることが嫌になっていました。


その人は不機嫌な時間が多く、関われば大抵嫌な思いをする結果になるからです。しかし、立場上関わらない訳にはいきません。


この時、心理のことを学んでいましたので、この状態を改善する為に「笑い」を使ったワークを自分でやってみました。


すると、事態は一気に好転しました。このワークをケタケタと笑いながら行い、とても楽しい気持ちになったんですね。


その後、私の気持ちは、「また、嫌なことがあったらネタにできるな(笑)」というものに変化しました。


何も無いなら無いで、心穏やかに過ごせるし、何か有ったら有ったで、ネタにできる。


まさに、「どちらでもオッケー!」安心の両面待ち状態です。


前にもこのブログで書きましたが、失敗だと思っていたことが、今の幸せにつながっているということは多々あります。


失敗は最良の師となる、という話


しかし、それはその状況を脱した後になって気づくことだと思います。


車を運転していて、後ろからドーンッとぶつけられた瞬間に、「ありがとう!」とは絶対ならないですよね。


まさに今苦しい状況にいる時、漠然とした明るい未来への希望だけでは、それが緩衝材にはなっても、悪い結果を肯定しきれないのではないでしょうか。


そこで、重要になるのが、「失敗」を具体的な明るい未来に変えることです。


今でこそ、人前で講師をすることにそれほど緊張しなくなりましたが、当然最初の頃は緊張しまくりでした。


「上手く喋れなかったらどうしよう?」「頭が真っ白になったらどうしよう?」


そのような考えが溢れて来て、心臓はバクバクです。


このような時、その心配している状況を話してしまう、という手があります。


「初めての講師でとても緊張してるんですよー。頭が真っ白になっちゃうことがあるかもしれませんけど、そうなっちゃったら、『頑張れ、頑張れ、キヨタ!』っていう風に、ぜひ応援して下さい」


このように話してしまえば、多くの人が好意的に見てくれるでしょうし、少し笑いが起きて空気も和むかもしれません。


「失敗しても大丈夫」と思えば緊張も柔らぎますし、本当に頭が真っ白になっても、コールで盛り上がりそうですよね。そうなったら、「どっちでもオッケー!」です。


お笑い芸人さんなんかだと、お笑いのネタに出来るというのは、具体的なメリットですよね。


私のようなカウンセラーであれば、事前に「〇〇の問題が起こったら、自分であのワークを試してみよう」と決めておくことで、リスクもポジティブなものだと捉えることができます。


このように、失敗しても具体的な明るい未来が待っている状態にしてしまえば、極端に不幸な出来事で無ければ、随分と楽な気持ちでその出来事に取り組むことができると思います。ぜひ、お試しください。


ちなみにですが、7月20日のセミナーでは、今回書いた具体的な出来事や、笑いを使ったワークについても取り上げる予定です。お時間のある方はぜひ、ご参加くださいませ!


人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』


最後までお読みいただきありがとうございます。


ーーーーーーーーーーーー


valuecreation room


<web>http://vc-room.jp/


<mail>info@vc-room.jp


7月20日(土)14時-16時

Value creation room セミナー

「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」

3D629674-3204-4E4D-8226-4799925BDE0A


こんにちは。所属カウンセラーの清田直芳です。


前回、同じく所属カウンセラーの岩村さんが、「人生を幸せに過ごすためのマインドセット」というテーマでセミナーを行いました。


Value Creation roomのセミナーは、毎月1回、交代交代で岩村さんと、私清田直芳が講師を務めさせていただきます。


と言うことで、2回目は私が務めさせていただきます。


今回のテーマは、

「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」です。

前回の告知と少しタイトルが変わっていますが、内容は一緒です。


どうして、このようなテーマでセミナーを行おうと思ったかと言うと、私自身が『笑い』にとても助けられた過去があるからです。


個人的に、人生の暗黒期だと思っている時代、自分を支えてくれたのは、『笑い』の力でした。


実は、お笑い芸人になりたくて、お笑いの養成所に通っていたこともあります。


笑いには様々な効能があります。ストレス発散、健康促進、脳機能を高める、コミュニケーションを深める、ネガティブな体験や未来の不安を書き換える、などなど。


そして、『遊び』も幸せに生きるためにとても大切です。


ただ、趣味や娯楽で遊ぶということだけでなく、仕事や、やりたくないようなことも、『遊び』の要素を入れると、効率的に楽しくすることが出来ます。


同じことでも、折角やるのならば、楽しくできた方が良いですよね。


今後の生活に活かせる、実践的な内容となっていますので、ぜひご参加下さいませ!


場所は前回と同じく、Value creation roomのある東洋ビルの会議室にて行います。


スペースに限りがありますので事前に参加連絡をお願いします。先着順となりますので、定員になり次第締め切らせていただきますので、ご了承くださいませ。

279A0462-A165-47B9-8C05-9A5C10A6D2D4 


7月20日(土)14時-16時

Value creation room セミナー

「人生を幸せに過ごすための『笑い』と『遊び』」

講師:清田直芳

料金:無料(お茶代として500円頂戴します)

お問い合わせ・連絡先:info@vc-room.jp

↑このページのトップヘ